会  則

・事務局
・会 則
・学会役員
・評議員資格に関する
 申し合わせ

・名誉会員に関する
 申し合わせ
・個人情報等基本方針
・個人情報等取扱規則

第1条

(名称)

本会は,日本神経麻酔集中治療学会(Japanese Society for Neuroscience in Anesthesiology and Critical Care : JSNACC)と称する。

    
第2条

(目的)

本会は,麻酔・集中治療および疼痛領域における神経科学に関する基礎的及び臨床的研究を通じ、会員相互の連携を深めるとともに、本領域における臨床・教育・研究の発展に寄与する。

           

第3条

(事業)

1.

学術集会の開催

2.

その他,第2条の目的達成に必要な事業

    

第4条

(事務局)

本会は事務局を奈良県立医科大学麻酔科学教室内に置く。

    

第5条

(会員)

1.

正会員:本会の目的に賛同し、所定の会費を納入する医師および研究者。

2.

准会員:本会の目的に賛同し、所定の会費を納入する医療および研究に従事する者。ただし医師は准会員になることはできない。

3.

名誉会員:本会の目的に関して功労のあった個人

4.

賛助会員:本会の目的に賛同し、所定の会費を納入する個人又は団体。

5.

退会を本学会事務局に届け出たとき,引き続き2年以上会費を滞納したとき,本会の名誉を傷つける行為があったと評議員会で判定したとき,会員はその資格を失う。

     

第6条

(役員)

本会に次の役員をおく。

1.

会長1名

2.

理事若干名

3.

監事2名

4.

評議員若干名

5.

事務局長1名

        

第7条

(役員の選出)

1.

会長は、評議員の中から推薦し,評議員会の議を経て決定する。

2.

評議員は正会員の中から評議員会の議を経て会長が委嘱する。

3.

理事、監事は評議員会の議を経て会長が委嘱する。

4.

理事、評議員および監事の選出は3年毎に行う(役員定期選出)が、それ以外の年でも必要に応じ適宜評議員会に諮り決定することができる。

          

第8条

(役員の職務)

1.

会長は本会を代表し、会務を総理すると同時に学術集会を開催する。

2.

理事は理事会を組織し、本会の会務を執行する。

3.

評議員は、評議員会を組織し、会の重要事項を審議する。

4.

監事は会務および会計を監査する。

5.

事務局長は本会の事務を担当する。

    

第9条

(役員の任期)

1.

会長の任期は定期学術集会終了の翌日から次期学術集会終了の日までとする。

2.

理事、評議員、監事の任期は3年とし,重任を認める。

3.

役員定期選出の年以外の年に就任した役員の任期は,次の役員定期選出期日までとする。

     

第10条

(理事会の運営)

1.

理事会は、会長、事務局長、理事、前会長、次期会長及び監事をもって構成する。

2.

理事会は、会長が招集し議長となる。

          

第11条

(評議員会の運営)

1.

評議員会の成立は,構成員の2 分の1 以上の出席を必要とし,委任状を認める。

2.

評議員会の議決は,出席評議員の多数をもってする。

3.

評議員会の議長は,会長がこれにあたる。

   

第12条

(学術集会における発表)

会員に限る。ただし,会長の承認を得たものは会員以外でも講演を行なうことができる。

     

第13条

(会費,会計年度)

1.

正会員 5,000 円

2.

准会員 2,000円

3.

賛助会員 個人 30,000 円 団体 50,000 円

4.

名誉会員は会費の納入を必要としない。

5.

会計年度 1月1 日から12月31 日とする。

       

第14

(会則の変更)

本会則は、評議員会の議を経て変更することができる。

     

第15条

(会則の細則)

本会則に必要な細則は、理事会及び評議員会の議を経て別に定める。

     

(附則)

この会則は,2017年(平成29年)7月1日から施行する。

     

     

細則

<評議員の選出>

1.

本学会の会員であることとする。

2.

本学会での発表があることが望ましい。

3.

原則、同一施設2名まで。ただし、評議員会の承認があればその限りではない。

4.

評議員推薦の手続および必要書類は次のものとする。

(1) 評議員による推薦(推薦書、様式は問わず)

(2) 被推薦者の署名履歴書

(3) 業績目録

(4) これらの書類はその年度の大会開催の1か月前までに会長に提出する。

     

<名誉会員の選出>

1.

本学会で顕著な功労があったもので、評議員会で承認を得たものをいう。

2.

名誉会員となることができるものは次の基準のいずれかに該当する者とする。

(1) 会長経験者

(2) 評議員を15年以上務めた者

(3) 著しい学問的業績などをあげ、本学会に貢献した者

3.

名誉会員推薦の手続および必要書類は次のものとする。

(1) 評議員による推薦(推薦書、様式は問わず)

(2) 被推薦者の署名履歴書

(3) これらの書類はその年度の大会開催の1か月前までに会長に提出する。

4.

名誉会員は会費の納入は免除される。

以上。

                

Copyright (c) Japanese Society for Neuroscience in Anesthesiology and Critical Care.All Rights Reserved.